アーセナルとキットサプライヤーのadidasは11日、過去のデザインに触発されたレトロ・コレクションを発表した。

中でも注目は1991-93シーズンで使ったアウェイユニフォームの復刻版。かつて、その奇異で風変わりなデザインから「傷んだバナナ」や「腐ったバナナ」と揶揄された伝説のキットが、ついに“ほぼ”完全復刻版で登場となった。

Arsenal 1991-93 adidas Away Retro Bruised Banana

アーセナル 1991-93 adidas レトロ アウェイ ユニフォーム

これまでクラブの公式アパレルとして91-93のレトロジャージは存在した。しかし、今回はついにサプライヤーのadidas(今回はadidas originalsから発売)から復刻版が登場。右胸には当時と同じように赤いトレフォイル(三つ葉マーク)が付いた。そして、胸にはもちろん当時のスポンサー「JVC(日本ビクター)」のロゴをプリントする。

アーセナル 1991-93 adidas レトロ アウェイ ユニフォーム

特徴的なジグザグのグラフィックはもちろん、レッドで彩るパイピングも当時と同じ。さすがはadidasが手掛けただけあり、オリジナルの再現率は極めて高いと言える。

アーセナル 1991-93 adidas レトロ アウェイ ユニフォーム

現在のものとは大きく異なるエンブレムも、ほぼ当時のデザインを再現。胸の「JVC」も“赤字に白縁取り”のカラーまで完全に再現している点が嬉しい。