1月に入ったことで、移籍市場にも動きが出てきている。

そうした中、ダニー・ドリンクウォーターのチェルシー復帰が決まった。バーンリーのショーン・ダイチェ監督がそれを認めたのだ。

もともと1月までのローンではあったが、怪我や暴行事件などもありわずか2試合しか出場できず。レスター時代にはこんな神パスを通す選手だったのだが…(以下動画58秒~)。

これは文句なしの神パス!

『talkSPORT』によれば、指揮官はあの事件が影響したことを認めたという。

ショーン・ダイチェ(バーンリー監督)

「彼はピッチ上での時間がなかった。

チームに怪我人が出て彼がプレーしていただろう瞬間もあったが、こういうことがフットボールで起きる。

彼はプロとしてのあり方によって自分の評価を高めてきた、あの事件以外ではね。

そこからの回復、自分自身のケア、彼はグループの一員になろうとしていた。

我々は彼が求めていたゲームタイムを与えられなかった。それは彼が必要としていたものでもあった。

でも、私は彼が大好きだよ。選手としても、あのキャラもね。彼の幸運を祈っている。

あの事件は不運だった。我々と彼が思っていた以上の時間が犠牲になってしまった」

チェルシーでは構想外となっているドリンクウォーターだが、MFジョン・マクギンが3月まで離脱するアストン・ヴィラが興味を示しているとのこと。