アルゼンチンの女子トップリーグを戦っているビラ・サン・カルロスが、同国の歴史上初の契約を結んだようだ。

話題になっているのは今回ビラ・サン・カルロスに加入が決まったマラ・ゴメスというFW。

現在22歳の彼女は、なんと「元男性」。性転換手術を受けて女性になり、アマチュアリーグでプレーしていたという選手だ。

彼女はアルゼンチンで初めて女子としてプロ契約を結んだ選手として歴史に名を刻むことになったのだ。

マラ・ゴメス、昨年撮影されたインタビューの場面はこれだ。

『eleditorplatense』によれば、彼女は「これまでプレーしたクラブでは、みんな私をとても良く扱ってくれた。同じ仕事に向かう仲間であり、どのチームでも排除されたと感じることはなかった」と話し、トランスジェンダーであることによって不快な思いをしたことはないと語っているそう。

ビラ・サン・カルロスは現在女子リーグで17チーム中最下位。10試合で勝点わずか1しか獲得できておらず、後半戦に向けて強化を進めている。