愛媛FCとキットサプライヤーのMizunoは9日、2020年シーズンの明治安田生命J2リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

2019年シーズンのJ2リーグは19位で終了。勝利数は2018年シーズンと同じ12だったが、失点が大幅に増加した。結果として黒星も18から24に増え、シーズン終盤では残留争いの主役を演じることとなった。

Ehime FC 2020 Mizuno Home

愛媛FC 2020 Mizuno ユニフォーム

デザインは、闘志や粘り強さを表すカモフラージュ柄で瀬戸内海を表現。クラブエンブレムを象る瀬戸内海のモチーフの上部に雲を表すホワイトラインをあしらい、高みへ向かってネイビーの1本道がシャツとパンツを貫く。

愛媛FC 2020 Mizuno ユニフォーム

背面には愛媛県形のシェイプをデザイン。これは、今年でJリーグ参入から15年目を迎える愛媛FC。その戦いを、これまで支え続けてきた愛媛の全県民への感謝の想い、そしてホームタウンである愛媛県全域20市町の人々の希望と期待を背負い戦う情熱を表現している。

愛媛FC 2020 Mizuno ユニフォーム

コンプリートはこのような感じに。全身オレンジのスタイルは継続するが、サイドを貫くネイビーの1本線が印象に残るデザインだ。