日本代表FW南野拓実が移籍したリヴァプール。難敵トッテナムを1-0で下して、プレミアリーグでの無敗記録をさらに伸ばした。

ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが決めた技あり決勝ゴールがこれだ(以下動画2分30秒~)。

トラップからのシュートがえげつない…。

リヴァプールは今季のUEFAチャンピオンズリーグと国内カップで敗れているものの、リーグ戦では無敗を継続。

最後に負けたのは2019年1月のマンチェスター・シティ戦で、それ以降の38試合は33勝5分という凄まじい勝率を記録している。

ただ、サッカー史上のリーグ戦無敗記録でいえば、まだ歴代9位の記録だとか。『AS』によれば、欧州5大リーグにおける最長記録はこうだそう。

9位 リヴァプール:38試合(2019-20)

9位 レアル・ソシエダ:38試合(1979-80)

7位 フィオレンティーナ:40試合(1955-56)

7位 チェルシー:40試合(2004-05)

6位 ノッティンガム・フォレスト:42試合(1977-78)

5位 バルセロナ:43試合(2017-18)

3位 ユヴェントス:49試合(2011-12)

3位 アーセナル:49試合(2003-04)

2位 バイエルン:53試合(2012~14)

1位 ACミラン:58試合(1991~93)

歴代1位のミランは1991-92シーズンに無敗でのセリエA優勝を達成。ファビオ・カペッロ監督のもとでオランダ人トリオが大暴れした時代だ。

ちなみに、中田ヒデがプレーしたペルージャも1978~79年にかけて歴代10位となる37試合無敗という記録を作っている(1978-89シーズンのセリエAでペルージャは2位)。