先日行なわれたノリッジ・シティとの試合で4-0と勝利を収め、チャンピオンズリーグ出場権争いに踏みとどまったマンチェスター・ユナイテッド。

開始直後にはこのフアン・マタの見事なクロスからラッシュフォード(動画14秒~)!

この試合ではPKを含めて2ゴールを決めたラッシュフォードであるが、59分という早いタイミングで交代に。

スールシャール監督は「彼には治療中の怪我がある」と話しており、その影響があったものと考えられている。

『The SUN』によれば、そこで話題になっているのはラッシュフォードがオールド・トラッフォードに持ち込んだ機材だという。

記事によれば、これは『Melmak Ultrasound Bone Healing Device』という超音波骨治癒装置であるそう。

低強度パルス超音波で骨細胞を刺激し、成長及び修復を促す…というもので、骨折の自己治療をスピードアップさせるもの。

そのため、公表されていないもののどこかに骨折を抱えているのでは…という推測もされているようだ。