バルセロナはついにエルネスト・バルベルデ監督との契約を相互合意のもとで解除した。

後任候補にはチャビ・エルナンデスらが挙げられていたが、キケ・セティエンの招聘が決定している。

この解任劇の前にPSGのネイマールがチャビについて触れたようだ。『RMC Sport』によれば、こう述べていたそう。

ネイマール

「チャビは並外れた選手だった。監督としてもいいと思う。

もし彼がバルサを率いなければならないなら、それはバルサにとってチャンスだ。

彼は素晴らしい人間さ。

自分も彼とプレーするのは喜びだった。彼の幸運を祈っているよ」

チャビと一緒にプレーするのは喜びだったというネイマール。

バルサ時代にはそんな偉大な先輩をイジろうとして、こんな返り討ちにあったこともある。

止めろ!とネイマールを顔ごと突っぱねるチャビ。