プレミアリーグで10位と低迷しているアーセナル。バーンリーとの第25節は0-0のスコアレスドローに終わった。

前半にはダヴィド・ルイスのロングパス一発でピエール・オーバメヤングに大チャンスが到来するシーンも。だが、その絶好機はこんな大失敗に終わっている(以下動画55秒~)。

ルイスのロングフィードに抜け出したオーバメヤング。だが、フィニッシュの瞬間にバランスを崩し、シュートはありえあい方向に飛んでいってしまった…。本人も歯を食いしばって悔しさを露わに。

アーセナルはリーグ戦で4試合連続ドロー。ミケル・アルテタ監督は、芝が長く水が撒かれなかったピッチは難しいものだったとこぼしていた。