今季からプレミアリーグでも導入されたVAR。だが、現地ではいくつかの問題点があらわになっている。

先日のトッテナム対チェルシー戦では、こんな踏みつけにイエローカードすら提示されなかった。VAR本部がVARの間違いを認めたシーンがこれ。

これでカードすら提示されないのは…。

また、プレミアリーグではVARがレビューしているシーンを主審がピッチ脇の「Referee Review Area」で自らチェックすることができない。

1月からはレッドカードからの変更をVAR側が勧めた場合に限って、それができるようになった。ただ、主審によるオンフィールドレビューがプレミアリーグで全面解禁されるのは来季以降になるようだ。

『Reuters』によれば、 IFAB(国際サッカー評議会)のディレクターであるデイヴィッド・エラリー元審判員がこう述べたという。

デイヴィッド・エラリー

「イングランドの状況は世界の他の国々と異なる。もし、来季もそのままならば、私は呆れるだろう。

来季はいくつかの変更があると期待すべきだ。

リーグの圧倒的大多数は、主観的ジャッジの大多数について、フィールド上でのレビューをすべきだと信じている」

すでにFAカップではオンフィールドレビューは導入されており、プレミアリーグは来季のVARシステムについて4月にも話し合う予定だそう。

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長も、プレミアリーグがオンフィールドレビュー使用に向かうことを示唆している。