2014年のワールドカップでオランダ代表がPK戦の直前にGKを交代し、投入されたティム・クルルがPKを2本も止めてヒーローになるという出来事があった。

それと同じような出来事がUEFAユースリーグで起きたぞ。

アヤックスU-19対アトレティコ・マドリーU-19戦はスコアレスのままPK戦に突入。直前に投入された代役GKダーン・ライジヘルは相手のPKを3本止めると、なんと最後は勝利を決めるPKを自ら蹴り込んだ。

まるで漫画の世界みたいだったそのPKシーンがこれ!

PKストップ以上に、右上に叩き込んだPKが見事!

ダーン・ライジヘルは2001年生まれの18歳。フローニンゲンからアヤックスに引き抜かれたGKだが、あのマイケル・ライジヘルとの血縁関係はないようだ。

なお、アヤックスのU-19を率いているのは、元オランダ代表DFのジョニー・ハイティンハ。ファン・ハールが2014年W杯でやった采配の再現として現地で話題になっているようだ。