ウナイ・エメリ監督を電撃解任したアーセナル。プレミアリーグ第14節ノリッジ戦に2-2で引き分けた。

物議を醸したのは、ピエール・オーバメヤングのPKだ。ノリッジGKティム・クルルが一度はPKを阻止するも、VARによって蹴り直しに。

オーバメヤングが2度目のPKを決めた直後、イラ立った様子のクルルはメスト・エジルに何かを告げていた。『Sky Sports』のインタビューでクルル本人が何を言ったのか明かしている(以下動画1分20秒~)。

ティム・クルル(ノリッジGK)

「1本目を止めたので、蹴り直しになったのはイラついたね。

彼らが得点した後、エジルに『君らはラッキーだ』と言っただけさ。

レフェリーは彼らを大いに手助けしたからね」

なお、PKが蹴り直しになったのは、キッカーがキックする前にゴールラインからクルルの足が離れたことによるもの。

PKを阻止するために大きなアクションを見せていたクルルに対し、オーバメヤングは得点した後に「お黙り」というポーズを見せていた。