日本サッカー協会は6日、「3月27日、および30日に行われる予定であったU-23日本代表の国際親善試合を中止する」と公式発表した。

夏に行われる東京五輪に向けた準備試合として、U-23日本代表は今月27日に南アフリカと、30日にコートジボワールと対戦する予定だった。

特に27日には新設されたばかりのサンガスタジアム by KYOCERAでの開催とあって注目を集めていた。

しかし先日から世界的に流行を見せている新型コロナウイルスの影響もあり南アフリカ代表が来日を拒否するなど、開催が危ぶまれる状況となっていた。

そして今回ついに日本サッカー協会はこの2試合の開催を断念することを決定。チケットについては後日払い戻しを行う予定だと発表している。