今年で35歳になったクリスティアーノ・ロナウドは超人的なストイックさで自らを鍛錬してきた男だ。

そんな彼の秘話を元同僚であるウェイン・ルーニーが明かした。同世代の2人は2004~2009年までマンチェスター・ユナイテッドでともにプレーした間柄だ。

ルーニーは『The Times』のインタビューでこんな話をしていたそう。

ウェイン・ルーニー

「クリスティアーノとは自分がユナイテッド入りした頃によく一緒に試合や練習に行っていたんだ。

試合前日の夜にマクドナルドに立ち寄ったことを覚えているよ。彼がビッグマックを食べたがったからね。

かなり痩せていた彼は体重を増やそうとしていたんだ。

自分が車を運転して、彼がビッグマックをゲットするためにドライブスルーに行かなきゃならなかった」

あのロナウドがファストフード好きだったとは…。

ちなみに、ルーニーとロナウドのコンビが日本で格の違いを見せつけたゴールがこれ!

2人でがっちり抱擁!いい笑顔だ。