新型コロナウイルスの影響により、南米でも無観客のなかで試合が行われている。

そうした中、アルゼンチンにドラゴンボール大好き選手がいたぞ。

国内カップ戦のゴドイ・クルス戦でゴールを決めたボカ・ジュニオルスのエドゥアルド・サラビアのセレブレーションがこれ!(以下動画29秒~)

この投稿をInstagramで見る
🤩
Eduardo Salvio(@totosalvio)がシェアした投稿 -

これは、天津飯の気功砲!2つ目の動画は別の試合でチームメイトとやったフュージョンセレブレーションだ。

かつてアトレティコ・マドリーやベンフィカでもプレーした元アルゼンチン代表のサルビオは29歳。とにかくDB好きだという彼はセレブレーションの度にポーズを決めている。

こりゃ本物だ…!

1-4で勝利したゴドイ・クルス戦後には「大会を勝利でスタートできるのはいつだって大事さ。ボカにとって素晴らしい試合だった。KI KO HO(気功砲)」と綴っていた。