世界中に大きな影響を与えている新型コロナウイルス。英国ではボリス・ジョンソン首相が不要不急の旅行は避けるべきとの声明を出した。

だが、その声明から2日後にあるプレミアリーグ選手がやらかしていたようだ。

『The Sun』によれば、警察からお叱りを受けたのはエヴァートンFWウマール・ニアセ。

仲間と女性2人とともに高級車メルセデスに乗っていた彼は、ロックダウンに背いているとして警官から説教されたとか。

シートベルトもしていなかったニアセに対して、私服警官は「受け入れられない、恥ずべきだ。プレミアリーグ選手として、あんたは全ての人をリスクにさらしている。何やってんだ?全くもって恥ずかしい」とお怒りだったそう。

私服警官たちは相当頭に来ていたようで、ニアセの行動をエヴァートンにも通報していた可能性もあるようだ。彼は説教された後、女性とは別れて帰るように促されたそう。

2016年に1350万ポンド(18億円)の移籍金で加入したニアセはこんなファインゴールも決めている選手だ(以下動画12秒~)。

この胸トラからのシュートはうまい!

ただ、彼はトフィーズでの31試合で8ゴールしか決められておらず、今季はリーグ戦で20分ほどしかプレーしていない。