新型コロナウイルスの影響は世界中に大きな打撃を与えている。

医療現場で闘う医療従事者は逼迫した状況にあり、女性看護師がその現状を訴えるこの映像は世界的な話題になった。

48時間勤務を終えたら…。

そうした中、医療従事者を支援する活動を始めた選手たちもいる。

ナポリのポーランド代表FWアレク・ミリクもそのひとりだ。母国のカトヴィツェという街にある自らのレストランで医療従事者のための食事を作って送り届けている。

その実際のパックがこちら。

おいしそうだ…。

地元メディアによれば、ミリクのレストラン「Food & Ball」は休業中ながら、病院への食事提供は行っているとのこと。SNS上では「医療従事者の皆さんへ!私たちは昼夜を問わず働く人達のための食事を準備しています!感謝しています!」などとのメッセージも送っている。

『BBC』によれば、ポーランドでは29日時点で1,771人が新型コロナに感染し、20人の死亡が確認されているという。