新型コロナウイルスの流行により、各国のリーグ戦は長期の中断を強いられている。

そうした中、ディディエ・ドログバやサミュエル・エトー、デンバ・バらアフリカを代表するスター達が怒りをあらわにした。

『BBC』などによれば、ニュース番組に出演したフランスの医療専門家たちの新型コロナワクチン研究を巡る発言が物議を醸しているという。

パリにあるコチン病院の教授が「これは物議を醸すかもしれないが、この研究はマスクも治療も心肺蘇生もないアフリカで行われるべきでは?」と述べると、フランス国立保健医学研究所(INSERM)の教授は「その通りだ。真剣に検討している」などと答えたそう。 コチン病院の教授は、無防備な売春婦がいるからとしつつ、エイズ研究と同じように…とも口にしていたとか。 

これに対してデンバ・バは「これが西洋だ。ここでは白人が自分たちのほうがはるかに優れていると信じているので、人種差別や馬鹿な言動が当たり前になっている」などと反発。

エトーは彼がポストした映像を引用しつつ、「くそったれ野郎」とのコメントをぶつけた。その問題の映像がこれ。

この発言に対してドログバも「完全に受け入れられない。アフリカは実験室ではない。このような卑劣で間違った、そして、何よりも深い人種差別的発言を断固として非難する。アフリカの人々を人間モルモットにするな!全くもって胸糞が悪い」などと憤っていた。