過去のその日にあったことを振り返る「On This Day」。今日話題になっているのは、2006年4月25日のフアン・ロマン・リケルメだ。

2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで大躍進したビジャレアル。その原動力となったのが、リケルメだった。

アーセナルとの準決勝2ndレグ、試合終了間際の43分にビジャレアルはPKを獲得。これを決めれば、2戦合計でタイスコアに持ち込めた場面でリケルメが放ったPKがこれ。

GKイェンス・レーマンが完璧なセーブで阻止!失敗直後のリケルメはほぼ動くことができず、思わずユニフォームで頭を覆っていた。

【関連記事】アーセナルの「掘り出し物」選手、ベスト9

この絶好機を逃したビジャレアルは準決勝で敗退。レーマンはこのPK阻止についてこう述べている。

イェンス・レーマン

「数日前にリケルメがPKを蹴る可能性を考えていた。もし彼が蹴った場合には左に飛ぼうと思っていたんだ。

彼の体型から左に行くと思えたからね。ラッキーだった。

ティエリ(・アンリ)が何か伝えてきたが、それには従わなかった」

「(リケルメは)PKを蹴る前に相当長い時間を費やしていたと思う。長すぎたかもしれないね。

(相手)サポーターからのプレッシャー?そんなこと考えもしなかった。

私は21歳やそこらじゃない。ベテランになれば、いくらかのアドバンテージがあるものだ」

当時のレーマンは36歳。チームメイトのアンリからは逆に飛べという助言があったものの、それには従わなかったそう。