衝撃の逮捕劇でふたたび時の人となったロナウジーニョ。

7年前にはアトレチコ・ミネイロで南米制覇を成し遂げているが、当時チームのエースFWだったのは、現名古屋グランパスのジョーだ。

ジョーは2013年のコパ・リベルタドーレスで得点王に輝く活躍でチームを南米No.1に導いた。

ちょうど7年前の5月8日に行われたサンパウロとの同国対決ではハットトリックの大暴れ。ロナウジーニョの必殺ノールックパスから決めた3点目のゴールがこれだ!(以下動画3分36秒~)

 

出た出た、ロナウジーニョのやりすぎノールック!そして、ジョーの決定力も無慈悲だ…。

【関連記事】「サッカー界の伝家の宝刀!必殺テクを持つ9人の大物」

アトレチコ・ミネイロファンたちにとって忘れられないホットラインを形成したロナウジーニョとジョー。退団後は疎遠になったというが、ジョーは「世界最高選手賞を10回は獲れた」とロナウジーニョを讃えている。