昨夏レアル・マドリーからの期限付きでマジョルカに加入した日本代表MF久保建英。

チームは先日、新型コロナウイルスによる中断からおよそ2か月ぶりに全体練習を再開させたが、そこには“なんだかゴツくなった”久保の姿があった。

19日に公開された映像では、さらにそれがよく分かるぞ!

他の選手と並ぶと分かりやすい!

久保はこの日からグループ練習に加わったが、骨格の優れた白人選手に比べても上半身、特に肩回りががっちり。動画2分頃からの悠然と歩く姿も、もう“ガチムチ”のような雰囲気だ。

以前から体幹の強さには定評のあった久保だが、体型自体はわりとスリムだった。

久保建英

こちらは昨年9月に行われたバレンシア戦での久保。もちろん映り方もあるが、今よりは華奢である。

【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

この中断期間で久保がどのような選手に生まれ変わったのか。再開が楽しみだ。