2014-15シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督のもとでプレミアリーグ優勝を果たしたチェルシー。

この年の主な加入選手は、ジエゴ・コスタ、セスク・ファブレガス、フィリペ・ルイスらだった。

セスクがその当時のモウリーニョとの秘話を暴露している。リオ・ファーディナンドのYoutubeチャンネルでこう明かしたそう。

セスク・ファブレガス

「彼と最初に会った日にこう言われたんだ。

『私には2人の選手が必要だ。ジエゴ・コスタを獲得しにいく。もし君が私のもとに来てくれれば…』。

チーム編成を紙に描いて、『このチームは優勝する』とも言われたよ。

『私に必要なのは2人だけだ。ジエゴは実質サインした』と。

その後に(ローンバックで)ティボー・クルトワも加入したけれど、そうでなくてもペトル・チェフがいた。基本的には同じさ。

『君が来れば、我々はタイトルを勝ちとれる』と言われたんだ」

「その後に彼と働いたけれど、僕の心をうまく動かす監督だったかもね。

彼は偉大な選手にとっての偉大な監督だ。彼は心を操る。刺激するんだ。

僕らがリーグ戦で非常によかった時には、いかによかったかをメールしてくる。

(でも突然)『今日はゴミクズだった』と…。そうやってけしかけるんだ」

モウリーニョが優勝するために是が非でも欲しかったのは、ジエゴ・コスタとセスクだったとか。

世界最高峰のパサーだったセスクの凄さが分かる「誰もマネできないパス」がこれ(動画33秒~)。

相手選手6人は誰も反応できず凍りつく…!

【関連記事】「モウリーニョが獲得した選手、ベスト11&ワースト11!」

アーセナル時代のスルーパス(動画47秒~)もパーフェクトだ。