マンチェスター・シティからバイエルン・ミュンヘンへの移籍が濃厚とされているドイツ代表FWルロイ・サネ。

ただ、かつてバイエルンで活躍した元フランス代表DFウィリ・サニョルは彼の獲得に反対しているようだ。『RMC Sport』のインタビューで、別の選手を狙うべきだと述べていたそう。

ウィリ・サニョル(元バイエルンDF)

「彼はこのクラブに全く合わない。

バイエルンの選手として求められるキャラクターとは一致しないからね。

マンチェスター・シティで代表でも一貫性がないし、問題も多い。

8000万ユーロ(95億円)のオペレーションになるって?

2000万ユーロ(24億円)を追加して、カイ・ハヴァーツを獲るほうがいいね」

サネよりもいいと推されたハヴァーツはレヴァクーゼンに所属する20歳のドイツ代表レフティ。そのスゴさが分かるプレーがこれだ(以下動画1分5秒~)。

“いなし”で相手の注意を引きつけると、利き足ではなく右足でドンピシャのスルーパス!動画1分34秒~からのシーンでは、魅惑のスーパーテクニックも見せつけている。

【関連記事】「左右でコンビを組んだ最強ウィンガーデュオTOP5」

サニョルは、100億円を超える移籍金を払ってでも、ハヴァーツのほうがいいと考えているようだ。