ついに来週末に再開を迎えるラ・リーガ。新型コロナウイルスの影響によって2ヶ月あまり中断されてきたが、ようやく試合が行なわれることになった。

久保建英が所属しているマジョルカは、いきなりホームに首位バルセロナを迎えての一戦となる。

そこで大きな話題の一つになっているのが、マジョルカのユースに所属しているアルゼンチンU-17代表選手ルカ・ロメロだ。

かつてプロ選手として活動していたアルゼンチン人MFディエゴ・ロメロの息子としてメキシコで生まれたルカは、少年時代から「新しいメッシ」として注目されてきた。

そして、16歳の彼はリーグ再開に向けてなんとマジョルカのトップチームに招集されており、練習を重ねているという。Instagramではこんな写真も。

6月13日に行われるバルセロナとの試合でデビューする可能性もあり、彼自身も憧れであるメッシと対戦できるかもしれない…とのこと。

ちなみに、彼のプレー動画はこんな感じだ。

左利きで鋭いドリブルが出来、フリーキックも正確!

マジョルカには「日本のメッシ」とも呼ばれる久保建英が所属しており、先日はメディアで「メッシと久保建英が統計上リーガ最高ドリブラーだった」と話題になった。

【関連記事】久保建英、統計上「リーガ最高ドリブラー」だった!あの超スターと同率1位

13日の試合では「リオネル・メッシvs日本のメッシ&新しいメッシ」の対戦が見られるのだろうか…。