欧州トップリーグで真っ先にリーグ戦を再開させたドイツはシーズン大詰めを迎えている。

最終節を前にしたドイツ2部リーグではあまりに劇的な一戦があった。

昇格プレーオフ行きとなる3位の座をかけたハイデンハイム対ハンブルガーSVの3位4位直接対決。ハイデンハイムが後半アディショナルタイムの劇的な逆転ゴールで勝利したことで、両チームの順位が入れ替わったのだ。

あまりに劇的だったそのゴールシーンがこれ。

この投稿をInstagramで見る
Futebol é isto ❤️ #Bundesliga2Eleven
Eleven Sports Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

ハイデンハイムの選手たちはまさに狂喜乱舞!スタッフのなかには泣いてしまう人も…(まだ残り1試合あるのだが)。

一方、ハンブルクの選手たちはあまりのショックで立ち上がれない様子だった。

【関連記事】「凄い選手がいたのに…まさかの降格を味わった10のケース」

試合前時点で両チームの勝点差は2ポイント。もし引き分けていれば、ハンブルクは3位を維持できていた。だが、終了10分前にオウンゴールで追いつかれると終了寸前に痛恨の失点。これによってハイデンハイムが逆転で3位に浮上した。

ヨエル・ポフヤンパロ(ハンブルクFW)

「大ショックだ。適切な言葉を見つけるのは難しい。

1-0でリードした後、僕らは勇敢さを失ってしまった。

1-1になった後は最低でもそれを維持すべきだった。最後に起きたことは説明できない」

マーク・シュナッテラー(ハイデンハイムMF)

「勝点1以上を得るために僕らは全てを尽くした。

信じられないほどの感情が爆発したよ。今日ここで起きたことは説明できない。

もし今日観客たちがいたなら、僕らはスタジアムを破壊していたかもね(笑)。

信じられないよ。今日起きたことを整理するために少し落ち着かなきゃいけない」

残り1節となったドイツ2部は、ビーレフェルトの昇格がすでに決定しているほか、シュトゥットガルトも3位以上が確定。

最終節では2位シュトゥットガルトは5位ダルムシュタット、3位ハイデンハイムは首位ビーレフェルト、4位ハンブルクは12位サントハウゼンと対決する。