Jリーグでは新シーズンが始動し、各チームとも新体制がほぼ確定したことで移籍市場も一段落ついた状況だ。

そこで今回は、J2からJ1への移籍を決断し「2019年がJ1初挑戦」となる5人の注目選手をピックアップしたので紹介したい。

岩崎 悠人(京都サンガ→北海道コンサドーレ札幌)

岩崎悠人

東京五輪世代期待のアタッカーが地元の関西を離れ、北の大地で初めてJ1にチャレンジする。

京都橘高の卒業時には複数のJクラブによる争奪戦となったが、彼が選んだのは地元のサンガだった。2シーズンを過ごしたサンガでは主力としてプレーし、世代別代表でも攻撃の中心に。彼の大目標でもある東京五輪に向けて前進を続けている。

新天地の札幌ではペトロヴィッチ監督の戦術への適応が必須となるが、シャドーもしくは左サイドで攻撃的な役割を与えられればチャンスメーカーとしての才能が生かせるだろう。

アジアカップで活躍したタイ代表チャナティップとの技巧派コンビでより魅力的な攻撃が実現するのでは、という点にも注目したい。