親元であるレアル・マドリーとの対決を控えるマジョルカの久保建英。

この日の練習では久保ら現役選手の目の前でビセンテ・モレーノ監督がスゴ技を見せつけるこんなシーンがあった!

となりのグラウンドのゴールをほぼ角度ゼロのアングルから狙うというもの。コーナーキックからゴールを直接狙うような感じだ。

久保やジョゼップ・セニェ、クチョ・エルナンデスらが失敗するなか、モレーノ監督はアウトにかけた見事なキックでゴール!

【関連記事】久保建英も続け!「10代でバルセロナ相手にゴールを決めた」最新の7名

現役時代はMFとしてプレーした45歳のモレーノ監督。188cmの長身でセットプレーでの空中戦に強く、潰しも散らしもできる攻守に働けるタイプの選手だった。