先日ボルシア・ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョが契約を更新し、大きな給与を手にすることとなった。

近年は期待値が高い選手をキープするために若手にも高額な給与が支払われるようになっており、その数字もうなぎのぼりとなっている。

『Daily Mail』は10代の選手の中で最も高額な給与を貰っているものをランキング形式で特集していたぞ。

10位:久保建英(レアル・マドリー/18歳)

推定年俸:89万ポンド(およそ1.3億円)

今夏FC東京からレアル・マドリーに加入した久保建英。10位にランクインした。

9位:カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/18歳)

推定年俸:114.4万ポンド(およそ1.7億円)

チェルシーで昨季ブレイクしたハドソン=オドイ。バイエルンに狙われていたと言われたが、シーズン末の怪我もあって破談に。今季はどうなるか。