プレミアリーグは他の国よりも移籍マーケットが短く設定されており、先日の開幕戦を前に「締切り」を迎えた。その日には必ずと言っていいほどギリギリでの取引が数多く行われるものだ。

そして、これまで最終日の慌ただしい中で行われた取引のなかで、最もうまくいかなかったものとは?『FourFourTwo』のセレクションを見ていこう。

10位:エリック・ジェンバ=ジェンバ(マンチェスター・ユナイテッド→アストン・ヴィラ)

年度:2005年

移籍金:150万ポンド(およそ2.2億円)

カメルーン代表で大活躍したエリック・ジェンバ=ジェンバは、アレックス・ファーガソンに誘われてマンチェスター・ユナイテッドにやってきた。しかし18ヶ月で20試合しか出場できず、2005年1月のマーケット最終日にアストン・ヴィラへ。

しかしトップチームのメンバーに入ることにも苦戦し、11回の出場をした後バーンリーにローンで放出された。その間には浪費がかさんだことで自己破産も経験している。

9位:ベニー・マッカーシー(ブラックバーン→ウェストハム)

年度:2010年

FCポルトでジョゼ・モウリーニョ監督の下チャンピオンズリーグ優勝を経験した南アフリカ代表FW。その後所属したブラックバーンでは140試合で52ゴールを奪い、世界でも有数のストライカーと評価された。

2010年2月の締切日にウェストハムに加入することになったが、彼は多くの怪我に苦しめられ、13試合でノーゴール。不満を貯めたマッカーシーは副会長のカレン・ブレイディを「おっぱい悪魔」と呼ぶなど問題児化し、契約は解除された。