新型コロナウイルスによって中断されていたリーグ戦を再開させたスペイン。

レアル・マドリーはレアル・ソシエダを撃破して、バルセロナと勝点で並んだ。レアルとしては命拾いした天才アドナン・ヤヌザイの幻ゴールがこれ(以下動画30秒~)。

えげつない弾丸ミドル!これは凄かった。

【関連記事】レアルとバルサの両方でプレーした10人の猛者

『Marca』によれば、レアルは今後の試合日程について、リーガに不満を伝えたという。

7月2日に第33節ヘタフェ戦、5日に34節アスレティック・ビルバオ戦を戦うレアルだが、この2試合の間隔は72時間しかない。一方、優勝を争うバルサは同じ33節から34節までは5日間の間隔がある。

そのため、レアルは公式に不服を申し立てたとのこと。このスケジュールは悪ふさげなのかと思うほど、不満を抱いているとか。

レアルは木曜日の22時にヘタフェ戦、日曜の14時にはビルバオ戦を戦う。土曜日にビルバオ入りするために、金曜日の午前2時には出発しなければいけないとのこと。

なお、レアルは日本時間25日に久保建英が所属するマジョルカと戦う。