プレミアリーグ優勝まであと一歩に迫っているリヴァプール。24日にはホームでクリスタル・パレスとの試合を迎えた。

序盤からペースを握ったリヴァプールは、23分にアレクサンダー=アーノルドの見事なFKで先制!(動画1:13~)。さらに前半終了間際にモハメド・サラーが飛び出しから追加点(2:53~)。

さらに後半はファビーニョのすんごいミドル(動画4:00~)で3点目、4:45~にはマネが4点目を奪った。

そして74分にはフィルミーノとの交代でベンチスタートだった南野拓実がピッチへ。試合終了間際には、この「ゴールまであと一歩」な場面も!(動画6:07~)

サラーが右サイドで持ち、中央完全フリーで南野が待つ!

もしパスが来ればGKもいない…という状況だったものの、サラーが出したボールはキーパーに引っかかってしまった。

南野にとっては残念だったものの、リヴァプールとしてはこの快勝で3ポイントを獲得し、早ければ25日のマンチェスター・シティ対チェルシーの結果次第でプレミアリーグ制覇が決まる状況になった。

【関連記事】南野のリヴァプール、2大ブランドによる「90年代後半のユニフォーム」まとめ

なお、そこでシティが勝った場合は、2日に行われるリヴァプール対マンチェスター・シティの直接対決に持ち込まれる…これはアツい。