ついに再開されたプレミアリーグ。優勝が近づいているリヴァプールの南野拓実はエヴァートンとのマージーサイドダービーに先発出場した。

ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネとタッグを組んだ南野は、こんな際どいシュートを放つシーンも(以下動画1分11秒~)。

ナビ・ケイタからパスを受けると右足を一閃!強烈なシュートでGKジョーダン・ピックフォードを脅かしたものの、惜しくも枠を外れた。

【関連記事】 南野も頼むぜ!「苦難のスタートから大復活」したプレミアの7名

前半にチームトップの走行距離を記録していた南野だがハーフタイムに交代し、試合は0-0のスコアレスドローに終わっている。

南野は『Liverpool Echo』の採点で10点満点で6点の評価を与えられた。