新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を再開させたイングランド。

そうしたなか、2部のストークに所属するアイルランド代表ジェームズ・マクリーンの行いが現地で話題になっている。31歳の彼はその行動が度々物議を醸してきた選手だが、今回は素敵な話だ。

『Derry Now』によれば、マクリーンは自身の出身地である北アイルランドのデリーで暮らすある双子に寛大な寄付をしたとか。

今年4月、29歳だった父親を心臓発作のために亡くした双子の兄妹。未亡人となった母ブロナーさんは2人が4歳になる誕生日を特別なものにするために、双子宛にバースデーカードを送ってくれるようにお願い。

すると、世界中から3000ものカードが届いたとか。そのなかにはマクリーンと彼の妻エリンからのものも。

マクリーンは「素晴らしい4歳の誕生日になることを願っています。ディズニーランドへのサプライズ旅行を楽しんでくれたらいいな。楽しんでね!」とのメッセージを送り、ディズニーランド・パリへの旅費を全て負担することを申し出たのだ。

ブロナーさんと双子の兄妹がそのカードを見る瞬間がこちら(以下動画4分30秒~)。

4分47秒~の場面では、しっかりディズニーランドのチケットが映ってるぞ!

【関連記事】もはや愛すべき、サッカー界「レジェンド級の悪童」5名

マクリーンは良くも悪くも熱い選手だが、振る舞いは現地でもこの素敵だと話題になっている。