ラ・リーガ残留に向けて厳しい戦いが続くマジョルカがついに白星を勝ちとった。

5-1でセルタを撃破した第33節では、久保建英も得点に絡む活躍を披露。味方と歓喜したアシストシーンがこちら(以下動画2分8秒~)。

まずは、クチョ・エルナンデスの2点目を演出すると、相手に読ませないノールック気味の右足パスでアレハンドロ・ポソの3点目もアシスト。サルバ・セビージャが決めたチーム5点目のゴラッソも久保からというものだった。

【関連記事】「ゴールよりもアシストに執着する選手トップ10」

いずれのシーンでも久保は嬉しそうに味方と喜びを分かち合っている。その久保は83分で交代。

マジョルカはいまだ降格圏だが、17位セルタとの勝点差は5に縮まり、ビセンテ・モレノ監督は「選手の働き、努力、献身が報われたので嬉しい」と喜んでいた。