ついに悲願だったクラブ史上初のプレミアリーグ優勝を決めたリヴァプール。

ユルゲン・クロップ監督が感極まるこんなインタビューも大いに話題になった(以下動画16秒~)。

感極まり、いまにも泣き出しそう…。

【関連記事】「リヴァプール、クロップのもとで覚醒した6人の選手」

そうしたなか、あのギャリー・ネヴィルがこの優勝について触れた。『Sky Sports』の放送で、宿敵リヴァプールの偉業をこう讃えたそう。

ギャリー・ネヴィル(元マンチェスター・ユナイテッドDF)

「ユルゲン・クロップが成し遂げた仕事は絶対的に素晴らしいよ。

4年前に彼がリヴァプールにきた時、(マンチェスター・)シティ、ユナイテッド、チェルシーの資金力を考えれば、タイトルをもたらすのはほぼ不可能だろうと思った。非常に難しいだろうと思ったんだ。

だが、彼は3000万ポンド(40億円)の選手を1.3億ポンド(173億円)の選手に変えた。7500万ポンド(100億円)の選手を1.5億ポンド(200億円)にした。

他のクラブは1.3億ポンド(173億円)を投資した選手たちを3000万ポンドにしてしまった。

(クロップとリヴァプールの)選手獲得、コーチングは素晴らしい。全てが監督によるもので、選手たちは彼と行動をともにしている。

素晴らしい偉業だよ。

自分的に特に気に入らないのは、これが2度と見たくなかった日ということだ。

(リヴァプールが強かった)自分の幼少期に十分見させられてきたし、この数週間でまたそれを見なければいけなかった。

だが、優勝チームは祝福しなければいけない。素晴らしいパフォーマンスだ」

ユナイテッド狂としては苦々しい思いがあるようだが、選手の価値を引き上げるクロップの手腕を絶賛していたようだ。