ユルゲン・クロップ監督のもと成長を続けるリヴァプール。

ここでは、『sportskeeda』による「クロップ就任後にリヴァプールが獲得できなかったスター選手たち」を見てみよう。

アレックス・テイシェイラ(現江蘇蘇寧)

アレックス・テイシェイラ

彼はクロップが最初に獲得しようとした選手のひとりだ。それは着任後初の移籍マーケットとなる2016年1月のことだった。

当時ウクライナで大活躍中だったテイシェイラ。シャフタールは5000万ユーロを要求したが、リヴァプールの最大オファー額は3200万ユーロだった。

移籍に乗り気だった本人はこう明かしていた。

「チームはリヴァプールからオファーを受けたが、それを蹴った。なぜかは分からない。いまも代理人が僕をリヴァプールに連れていくためにできることは何でもやっていることは分かっている」

だが、取引から手を引いた際のクロップの発言からは、リヴァプールが5000万ユーロの価値があるとは評価しなかったことが窺えた。

「我々に金がないということではない。だが、敬意と責任を持って取り組まなけれなならない。それが我々がやっていることだ」

その後、2016年2月に彼は5000万ユーロで中国に売却されることに。