22日に行われたイングランド・プレミアリーグのビッグマッチ、リヴァプール対チェルシーはスゴい試合になった。

既に優勝を決めているリヴァプールは、本拠地アンフィールドでトロフィーを掲げるセレモニーを準備。スタンドに舞台が整えられていた。

その前でプレーされた90分はなんと両チーム合わせて8得点が乱れ飛ぶ「打ち合い」の派手な試合になり、見事なゴールがいくつも生まれた。

そしてその中でも鮮やかだったのは、リヴァプールが58分に決めた2点目。アレクサンダー=アーノルドが、ゴール前遠目の位置からこのフリーキック(動画1:20~)!

この一切の妥協なき弾道!

かなりのスピードで放たれたボールは、壁の上を超えてゴール右隅にズドン!GKケパも一歩しか動くことができなかった。

【関連記事】覚えてる?リヴァプールにいたのに「忘れられている」8名

この得点もあって前半のうちに3ゴールを決めたリヴァプールであったが、それからチェルシーの猛追を受けて最終的には5-3というスコアでの勝利となっている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名