日本代表MF堂安律が所属するPSVとキットサプライヤーのPSVは23日、2020-21シーズンの新アウェイユニフォームを発表した。

PSV 2020-21 Puma Away

19-20アウェイキットはブラックを基調としたダークカラーだったが、サプライヤーがPumaに変わった最初のアウェイは定番のブルーが復活。前面は波形のようなグラフィックが目を引く。

スポンサーは胸が「Metropoolregio Brainport Eindhoven」、背中が「Energiedirect」で継続すす。

パンツはブルー、ソックスはホワイトを採用。20-21シーズンはソックスのグラフィックがユニークだ。

アウェイも堂安がモデルで登場。このユニフォームを着てピッチに立つ日が待ち遠しい!

【関連記事】欧州サッカー 2020-21シーズン新ユニフォームまとめ