プレミアリーグ最終節、アーセナルはワトフォードを3-2で下した。この一戦では両チームにPKが与えられている。

Optaによれば、ダヴィド・ルイスは今季5度目となるPK献上となり、これはプレミアリーグ史上シーズン最多記録になってしまったそう。

最終戦でルイスがPKを与えたシーンがこれ(以下動画~)。

ダニー・ウェルベックに対してシュートブロックに行ったのだが…。

【関連記事】「アーセナル、この夏に売却すべき9人の選手」

今季は8位フィニッシュとなったアーセナル、12位に終わった1994-95シーズン以降ではワーストになってしまった。

一方、敗れたワトフォードは3度目となるプレミアリーグ降格が決定。ヘイデン・マリンズ暫定監督は、開始5分でPKによって失点してしまったことを嘆いていた。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】