バルセロナはナポリを2戦合計4-2で下し、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝進出を決めた。

3-1で勝利したカンプ・ノウでの2ndレグでは、リオネル・メッシが圧巻のプレーを披露。 巨漢DFカリドゥ・クリバリを猛追してPKを捥ぎ取ったこのシーンは驚きだった(以下動画3分13秒~)。

ボックス内で倒れ込むメッシとクリバリ。メッシは相手より先にボールに触れており、クリバリは相手の足を蹴ってしまっていた。

メッシがここまでガチでDFを追い回すのはあまりないこと。このプレーの代償として治療を受けることになったメッシはPKを蹴らず。ルイス・スアレスがPKを蹴る瞬間にスパイクを履き直していた姿も話題になっている(動画3分58秒~)。

【関連記事】「世界最高のセンターバック」といえばこの10人

キケ・セティエン監督は「(クリバリへの)チャレンジでリオネルはきつい打撃を受けたが、大きな問題になるとは思わない」と語っており、メッシの状態に問題はないと述べていた。