残念ながら9日に行われたUEFAチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンを相手に4-1と敗れ、今シーズンのスケジュールをすべて終えたチェルシー。

17秒~にはバイエルンの先制点となったPK奪取の場面。ケパに代わって起用されたGKカバジェロがレヴァンドフスキを倒してしまった。

ただ、今季は当初補強禁止処分が課せられるというスタートでありながら、若手が次々と台頭してレギュラーに定着し、基盤を作れる1年となった。

その中でインパクトを残したメイソン・マウント、そして処分の前に契約をまとめていたため「夏の唯一の補強」になったクリスティアン・プリシッチの写真が話題になっている。それがこれ。

これは2010年6月、チェルシーのジャージを着たメイソン・マウントとクリスティアン・プリシッチ!

両者が11歳のときに撮影されたこの写真、プリシッチがチェルシーで練習参加をしていたときのものだそう。

プリシッチは2006年に7歳で初めてチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジを訪れており、その際にはモウリーニョ監督(当時)の椅子にも座ったというエピソードも。

【関連記事】今季欧州で「21歳以下の最強ベストイレブン」がこれ

10年経って肩を組んでいた両者がプロサッカー選手として再会し、チームメイトになるとは。プリシッチもかつて言っていた通り、「運命を感じる」事実である。