10日に行われたUEFAヨーロッパリーグのマンチェスター・ユナイテッド対FCコペンハーゲンは、1-0という結果で終了した。

90分を消化するまでスコアが動かなかったものの、延長が始まってまもなくアントニ・マルシャルが倒されたプレーがPKとなり、マンチェスター・ユナイテッドが先制。

そのリードを120分まで守りきってマンチェスター・ユナイテッドが勝利を奪うことに成功している。

だが、その中でかなり注目を集めた1プレーは、コペンハーゲンのMFラスムス・ファルク・イェンセンが見せたライン際のマジックだった(動画1:25~)。

ゴールラインギリギリまで仕掛け、フレッジとウィリアムズの間をヒールで通し、クロスに持ち込む!

中央でシュートに手間取ったことからゴールには結びつかなかったが、非常におしゃれで素晴らしい突破であった。

【関連記事】ウイイレ2020「ドリブル最強の右ミッドフィルダー」TOP10

ラスムス・ファルク・イェンセンは28歳のMF。デンマーク代表にも1試合出場した経験があるアタッカーで、ユース時代にはオーデンセでクリスティアン・エリクセンと同僚だったことでも知られる。