マウリツィオ・サッリ監督を電撃解任して、アンドレア・ピルロを新指揮官に任命したユヴェントス。

U-23チームを率いるはずだった41歳の青年監督をトップチームに抜擢したのは驚きだった。

『Gazzetta dello Sport』によれば、ピルロの脇を固めるスタッフ陣の組閣も始まっているとのこと。ユーヴェはサンプドリアのフィットネスコーチであるパオロ・ベルテッリ氏を引き抜く見込みだそう。

フィオレンティーナやローマ、イタリア代表でもコーチを務めた経験を持つ同氏は59歳。現地でも有名なフィットネスコーチと評価されている。

そのベルテッリ氏は2016年~2019年6月末まではチェルシーに在籍していた。チェルシーで仕えたサッリとアントニオ・コンテとの違いについては、「2人とも試合への深い知識と緻密さは同じだ。そのアイデアの実行方法が違う」と語っていたという。同氏は昨年10月からサンプで働いていたが、ユーヴェが新コーチとして招聘するようだ。

いきなりビッグクラブで大役を任されることになったピルロ。ユーヴェ時代にやった神キックがこちら。

必殺のフリーキック!

【関連記事】「タダ獲りの達人」ユヴェントス、フリーで契約したベスト11

これまでにないショック療法に出たユーヴェ。監督経験のないピルロのもとでどんな戦いを見せるのか注目だ。