かつてマンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスで長く活躍し、フランス代表でも左サイドバックを担ったパトリス・エヴラ。

昨年からマンチェスター・ユナイテッドで研修生としてコーチを行い、ライセンスを取得。その一方で解説者としてメディアに出演しつつ、自身のSNSでは変な映像を投稿し続けるおもしろおじさんとなっている。

今回彼は11部リーグのミドルセックス・カウンティ・リーグに所属しているブレンサムFCに加入し、1試合限りの現役復帰を果たしたという。その映像がこれだ。

左ウイングでの出場だったらしく、11番!おしゃれヒールパスを見せているぞ。

なぜ現役復帰をしたかといえば、彼が9月6日に行われる大規模なチャリティーサッカーイベント「サッカーエイド」に出場することが決定したからだ。

ヤヤ・トゥレやダレン・フレッチャー、クロード・マケレレらとともにサッカーエイドワールドイレブンチームの一員として戦うこととなったため、コンディションを整える目的で一時的に加入させてもらったのだという。

【関連記事】「引退後も鍛えられている」元スター選手!40~50代の姿がこれ

なお、試合についてはノース・グリーンフォード・ユナイテッドに2-3で敗れてしまったとのことだ。