53歳という年齢で現役を続けている横浜FCの三浦知良。彼を上回る年齢で試合に出場したモンゴル選手が話題になっている。

54歳でピッチに立ったのは、モンゴルリーグのFC墨田ジェプロに所属するハンドスレン・オユンビレグ。同選手が途中出場でボールに絡んだシーンがこちら。

髪は白髪交じりだが、予想以上に軽やかな足取り?

【関連記事】 引退後太ってしまったあのレジェンドサッカー選手たち

同チームはサッカーライターだった森本高史氏がCEOを務めている。墨田というチーム名は墨田区からとったとか。