リヴァプールをUEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグ優勝に導いたユルゲン・クロップ監督。

彼がローン移籍させるのを断った期待の若手がいる。友人でもあるラルフ・ラングニックが『Sky Sports』のインタビューでこう明かした。

ラルフ・ラングニック

「(リヴァプールがローン移籍させることは)ないと分かっている。

2年前、自分はユルゲンにカーティスについてお願いしたからね。

彼をライプツィヒに1年か2年ほどローンしてくれないかと。

だが、彼は『ノー』と言ったのさ。

ユルゲンは彼をキープしたい。カーティスが持つものすごい才能を分かっているんだと思うね。

現在のイングランドで彼はもっともエキサイティングな若手のひとりだ」

ラングニックが賞賛したのは、19歳のMFカーティス・ジョーンズ。彼は地元リヴァプールで生まれた選手でもある。

そのジョーンズが南野拓実の前で決めた圧巻2ゴールがこれ(以下動画19秒~)。

動画27秒~からのスーパーゴールは、エデン・アザールのような衝撃度!

【関連記事】リヴァプールファンが期待すべき10名のヤングスターたち

ただ、ラングニックは、ジョーンズが今後2年間で十分なプレータイムを得られない場合は、成長を加速させるのは難しいだろうとも述べている。