ロナルト・クーマン新監督のもとで開幕戦に勝利したバルセロナ。

デンマーク代表FWマーティン・ブレイスウェイトは怪我のために欠場したが、ピッチ外での振る舞いが話題になっている。電動車椅子に乗ったファンに見せた神対応がこちら。

車を停めるとマスクを着けたうえでファンのもとに歩み寄り、写真撮影に応じていたのだ。

【関連記事】独断で選ぶ!ラ・リーガ20-21「最高にかっこいいユニフォーム」10選

ブレイスウェイト自身も5歳の時にペルテス病と診断され、2年間の車椅子生活を経験したことがある。

適切に治療しないと、股関節の動きが失われ、大腿骨頭が永久に変形する可能性があったという(特に走ってしまうと圧力がかかり、歩行困難になってしまう危険性が高かった)。

「私は2年間の経験でしたが、車椅子で一生涯生活しなければならない人々がいます。何らかの方法で彼らを助けることができればと思います。我々はお互いに助け合う義務があります。それが私が人生で学んだことです」という彼はチャリティ活動にも取り組んでいる。