昨夏、100億円もの移籍金でレアル・マドリーに加入したエデン・アザール。だが、怪我などもあり、本領を発揮できていない。

今季のプレータイムはいまだ0分。開幕3戦目で初めてメンバー入りするはずだったが、筋肉を痛めて招集外となってしまった。

『AS』によれば、アザールのレアルでの欠場数はチェルシー時代の7年分をすでに超えたという。

アザールがチェルシーでの7年で欠場したのは20試合。一方、2019年に加入したばかりのレアルではすでに23試合を欠場しているとのこと。

そのアザールの気になるぽっこりお腹がこちら。

ぼっこりしているように見えるが…。

【関連記事】奇妙すぎる怪我で離脱した19名の選手

レアルは今月末には宿敵バルセロナとのエル・クラシコが控えている。アザールはそれまでにフィットすることができるだろうか。