レアル・マドリー移籍後、真価を発揮できていないエデン・アザール。ギャレス・ベイルがいなくなったことで、批判の対象が彼に移りつつある。

そうしたなか、かつてレアルでプレーした元オランダ代表MFクラレンス・セードルフが彼に言及した。『AS』によれば、こう述べていたという。

クラレンス・セードルフ

「(メッシとロナウドの)代わりになることができる選手たちがいる。ネイマールやデブライネだ。

アザールもいる。私はそこまで達することができるとずっと言ってきた。

だが、彼に問うべき質問がある。

『最高になりたいというモチベーションはあるのか?』と」

アザールには世界最高になれるポテンシャルはあるとしつつ、ロナウドのような高いモチベーションがあるのかを疑問視しているようだ。

そのアザールがチェルシー時代にやった伝説ドリブルシュートがこれだ。

異次元のキレ!このプレーはわずか1年前のものだが、レアル移籍後はこんなキレは見せられていない。

【関連記事】レアル・マドリーに加入してキャリアを下降させた10名の選手

来年1月で30歳になるアザール、レアル2年目で復活はなるだろうか。