ポルトガル代表はクリスティアーノ・ロナウドが新型コロナウイルスの検査で陽性となったためチームから離脱すると発表した。ただし、ロナウドに症状はないとのこと。

UEFAネーションズリーグでフランス代表と対戦した際、ロナウドとキリアン・エムバペのこんな姿も話題になった。

2人の笑顔が素敵だ。

【関連記事】これ絶対集めたい!代表チーム「デザイン攻めてる」ユニフォーム10選

そうしたなか、『A Bola』は、ポルトガル代表に招集されたプレミアリーグ選手たちは14日間の隔離になりうると伝えた。

英国政府のプロトコルに照らした場合、ロナウドと接触していたポルトガル代表のプレミアリーグ選手10人は強制的な隔離になるかもしれないという。

それはルイ・パトリシオ、ネウソン・セメド、ルーベン・ネヴェス、ジョアン・モウティーニョ、ダニエウ・ポデンス(ウォルヴァーハンプトン)、ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)、ジョアン・カンセロ、ルーベン・ディアス、ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・シティ)、ディオゴ・ジョタ(リヴァプール)の10人。

英国政府はアスリートに対する例外措置も見越しているというが、それは「低リスクの国」から来るアスリートに限るとのこと。マデイラ島とアゾレス諸島は「低リスク」とされているものの、ポルトガル本土は除外されている。

この措置が適応された場合、検査で陰性になったとしても14日間は隔離の対象になるという。ユナイテッドやシティ、リヴァプールは来週からUEFAチャンピオンズリーグが始まる。