今季、レアル・マドリーからのローンとして久保建英が移籍したビジャレアル。

久保がプレータイムを得られないなか、新戦力ながら主力の座を確固たるものにしているのがMFダニ・パレホだ。

バレンシアからやってきた31歳の技巧派MFは開幕全6試合に先発出場している。だが、ビジャレアルはパレホが左足内転筋に筋肉損傷を負ったと発表した。

パレホは移籍後初ゴールを決めた古巣バレンシア戦で同箇所を負傷。クラブは回復期間は選手の状態次第としているが、『AS』によれば、4週間ほど離脱する見込みのようだ。

早くもジェラール・モレノやフランシス・コクランら6選手が筋肉を痛めている今季のビジャレアル。今月からUEFAヨーロッパリーグが始まるだけに痛い主軸の離脱となってしまった。

そのパレホは久保の絶品アシストからスーパーゴールを決めたばかり。

パレホのシュートも凄いが、久保のヒールも凄い!ただ、古巣相手のゴールにパレホは喜ばず。

ビジャレアルは23日にELシヴァススポル、26日にカディスとのリーグ戦を戦う。